じゃこ天の原料 宇和島のじゃこ天を演じる、宇和海の厳選された役者達です。

ハランボ(和名:ホタルジャコ)  
ホタルジャコといえば即、じゃこ天を連想するほど、水産の世界ではなかなか知名度は高い。だが直接食用にする事は少ない。雑魚(じゃこ天の「じゃこ」は雑魚?)としては高価な魚である。主にブリ網漁や小型底引き網漁で漁獲される。


ヒメチ(和名:ヒメジ)  
鮮魚市場などで流通することは稀。もっぱら産地で刺身/天ぷら/干物/南蛮漬け/唐揚げとして消費される。生息地は日本各地。新潟県や佐賀県では干物や天ぷら用に流通する。特に九州では「べにさし」とよばれ南蛮漬けにされる。徳島県阿南市。高知市では「ひめいち」。「ひめち」、「きんぎょ」など呼び名は多彩。


ハリメ(和名:ネンブツダイ)  
一般には食用ではなく、稀に釣り師などが食べるに留まる。この魚小さい割りに口が大きく、クロダイやメジナ釣りの餌に掛かり、釣り人にはやっかい者。宇和島のじゃこ天はこのような小魚を手間を惜しまず加工することにより、はじめて生まれる味なのだ。


ギラ(和名:オキヒイラギ)  
南日本から台湾まで棲息。ヒイラギは岸辺近くにいるのに対して、本種はやや沖合にいて定置網などで漁獲される。干物にも加工され味は絶品。各地での呼び名も、にろぎ・えのは・ぎーら等様々。魚函1箱に2000〜3000尾程度の大きさなので、包丁で頭を切り落とすのも時間がかかります。


グチ(和名:シログチ)  
東北以南に棲息。鮮魚としても流通/塩焼き/煮つけなど、鮮度がよければ刺身でも美味(春頃)。高級かまぼこの原材料にもなる。クログチ・キグチ・コイチ・フウセイ・ニベ・オオニベなどのニベ科の魚と区別がつきにくく、混同している場合もある。